近鉄50000系

(地理)
きんてつごまんけい

近畿日本鉄道の特急型電車。2013年デビュー。
伊勢志摩方面への観光特急として開発され、「しまかぜ」の愛称を持つ。
両先頭車両がハイデッカー、他にダブルデッカー構造のカフェ車両やグループ専用席が設けられている。
近鉄の他の列車にない、青と白のカラーリングが特徴的。
近鉄におけるアーバンライナーと並んで広告塔であり、フラグシップトレインである。
2014年ブルーリボン賞受賞。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ