通背拳

(一般)
つうはいけん

Tong bei quan
中国武術の一種。主に民間で伝えられてきたもので、北派の伝統拳に属する。
通臂拳とも書き、その場合は「つうひけん」と読まれるが、中文読みではどちらも同じ"Tong bei"と発音する。
鞭のように腕を用いる攻防法に特徴があり、猴拳(猿拳)を起源とする説がある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ