Hatena Blog Tags

連邦準備銀行

(社会)
れんぽうじゅんびぎんこう

Federal Reserve Banks
アメリカ合衆国の市中銀行の監督と規制など、公開市場操作以外の連邦準備制度の業務や連邦準備券(ドル紙幣)の発行を行う銀行。連邦準備制度理事会の下におかれる機関でアメリカの12地区にある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

日本は、ブレトンウッズ体制以降のゴールドファンドのクレジットラインのリース料が巨額になっているという噂。

□日本は、ブレトンウッズ体制以降のゴールドファンドのクレジットラインのリース料が巨額になっているという噂。 ブレトンウッズ体制における金本位制度について考える。1944年米国ブレトンウッズにおいて、米ドルが金ドル本位制度になることが決定したこが、歴史の転換期になった。当時は、1オンス=US35ドルという固定レートで資金を生み出したということである。 1オンス=28.35gということです。つまり、当時は、ゴールドは、1g=1ドルちょっとだったことがわかります。しかし、現在は、70ドル以上しています。その差は結構あります。 さて、銀行は、自らの資本力で銀行券を発行してはならない という規定がありま…

真剣に安全保障を考えれば、企業育成資金を動かし財源を確保して、日本の経済的安全保障の強化を図る必要がある。

□真剣に安全保障を考えれば、企業育成資金を動かし財源を確保して、日本の経済的安全保障の強化を図る必要がある。 ついに、中国が日本の海域にミサイルを打ち込む訓練を実施したというニュースが流れました。これは、日本の国家にとって非常に厳しい状況になってきました。安全神話といわれた日本ですが、ついに、日本の近隣諸国との関係、安全保障に於いて真剣に考える時期になったといえます。 つまり、日本の企業育成資金の重要性がこれから真剣に問われる時代になるといえます。企業育成資金は、企業代表者個人のクレジット・ラインを使って大きな資金を生み出す事ができる仕組みと説明しました。 1%のクレジット・ラインを設定すれば…

特集金融の世界について概略が理解できれば、企業育成資金が政府財源を超える遥かに大きな資金が動かせる理由が理解できる。

□特集金融の世界について概略が理解できれば、企業育成資金が政府財源を超える遥かに大きな資金が動かせる理由が理解できる。 筆者は、日本の通貨発行権はどこにあるのか?どんな仕組みであるのか?と思って、長年仕組みについて研究して来ました。その結果、わかったことは、日本独自には通貨発行権はなく、世界的な通貨発行のプロセスは、PPPの仕組みのなかにあります。PPPに関しても、米国やロンドンで行なわれているPPPの中に、企業ではなく特集な政府が関係したPPPというものが存在しており、そのPPPの中には、政府関連の人道的支援団体などとのジョイントベンチャーにより行なうPPPというものが存在しています。 PP…