遺書

(読書)
いしょ

ダウンタウンのボケ担当、松本人志によるエッセイ本。
週刊朝日1993年7月16日号〜1994年7月22日号までに掲載した文章を収録。
横柄かつ攻撃的な文体だが、筋の通った内容に多くのファンが心を振るわせた。
シリーズに『松本』『松本人志 愛』がある。但し、『松本人志 愛』はインタビュー本。

現在は『松本』と合体させた文庫版『「松本」の「遺書」』(朝日文庫)で購読可能。

遺書

(一般)
いしょ

死ぬ前に書くもの。

ブロガーなどが書くWEB遺書などもある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ