Hatena Blog Tags

還元焼成

(アート)
かんげんしょうせい

あるいは、還元炎焼成。略して、単に還元とも。陶芸用語。窯の中に酸素ができるだけ入らないようにして焼成すること。そのため窯の中が酸欠状態になる。炎は酸素を必要とするので、窯の空気からではなく、焼かれている胎土や釉薬から酸素を奪って燃焼する。その影響で器に様々な変化が起きる。他に、酸化焼成、中性炎焼成。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ