邑書林

邑書林

(読書)
ゆうしょりん

出版社

長野県佐久市から全国へ発信する短詩型中心の出版社。
編集長は気鋭の俳人、島田牙城。
直接購読を申し込むと、送料不要で即日発送してくれる。
大きな仕事としては、
『加藤楸邨初期評論集成』全五巻
『波多野爽波全集』全三巻
『定本 右城暮石全句集』
宇多喜代子『ひとたばの手紙から−女性俳人の見た戦争と俳句』
など。
2005年の話題作は、
辰巳泰子歌集『セイレーン』
また、廉価(一冊税込み1365円)の個人アンソロジーとして
『櫂未知子集』『筑紫磐井集』『東直子集』『吉川宏志集』などが既刊の
「セレクション俳人」「セレクション歌人」各シリーズに続き、
「セレクション柳人」の配本が開始された。
2006年の新刊では、
『松瀬青々全句集 下巻』(税別12000円)、『攝津幸彦選集』(税別1600円)が話題。

自費出版

句集、歌集、評論集、エッセイ集などの自費出版も請け負ってくれる。

新着ブログ: 邑書林