都電荒川線

(地理)
とでんあらかわせん

東京都交通局の軌道線。三ノ輪橋早稲田間 12.2km。軌間1372mm(馬車軌)。全線複線電化。
前身の王子電気軌道から「王電」と呼ばれることもある。
「都電」と呼ばれる内の路面電車は、最盛期には41系統が存在し、総延長は213kmに及んだが、自動車の交通量の増加などによって、1967年から1972年(昭和47年)にかけ181kmの区間が廃止された。三ノ輪橋赤羽の27系統と荒川車庫前早稲田の32系統は、路線の大半が専用軌道であること、代替バスの運転が難しいことなどから存続の方針となり、27系統の一部(王子赤羽)が廃止されたのち、1974年に27系統と32系統を統合し「荒川線」と改称し現在に至る。
飛鳥山王子駅前間など数か所が併用軌道だが、大部分が専用軌道である。
料金の支払いにはPASMO・Suica(およびそれらと相互利用可能なICカード)が使用できる。
三ノ輪橋早稲田間の通し運転の他、途中の荒川車庫前からの出庫・入庫便など区間運転電車も存在する。

停留所と接続路線

停留所名 読み 接続路線
三ノ輪橋 みのわばし 東京メトロ日比谷線(三ノ輪駅)
荒川一中前 あらかわいっちゅうまえ -
荒川区役所前 あらかわくやくしょまえ -
荒川二丁目 あらかわ2ちょうめ -
荒川七丁目 あらかわ7ちょうめ -
町屋駅前 まちやえきまえ 京成本線、東京メトロ千代田線
町屋二丁目 まちや2ちょうめ -
東尾久三丁目 ひがしおく3ちょうめ -
熊野前 くまのまえ 日暮里・舎人ライナー
宮ノ前 みやのまえ -
小台 おだい -
荒川遊園地前 あらかわゆうえんちまえ -
荒川車庫前 あらかわしゃこまえ -
梶原 かじわら -
栄町 さかえちょう -
王子駅前 おうじえきまえ 東京メトロ南北線、JR京浜東北線
飛鳥山 あすかやま -
滝野川一丁目 たきのがわ1ちょうめ -
西ヶ原四丁目 にしがはら4ちょうめ -
新庚申塚 しんこうしんづか 都営三田線(西巣鴨駅)
庚申塚 こうしんづか -
巣鴨新田 すがもしんでん -
大塚駅前 おおつかえきまえ JR山手線
向原 むこうはら -
東池袋四丁目 ひがしいけぶくろ4ちょうめ 東京メトロ有楽町線(東池袋駅)
都電雑司ヶ谷 とでんぞうしがや -
鬼子母神前 きしぼじんまえ 東京メトロ副都心線(雑司ヶ谷駅)
学習院下 がくしゅういんした -
面影橋 おもかげばし -
早稲田 わせだ -

* リストリスト::鉄道路線

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ