酸化チタン

(サイエンス)
さんかちたん

チタニアとも呼ばれる。
一般的には白色の粉末で、化粧品の素材などに利用されてきた。
結晶の中には光触媒活性を持つもの(ルチル型)があり、既に応用されている。当初は水の光分解が起こることが分かり水素を発生させてエネルギー問題を解消出来る期待が持たれたが、分解量がそれほど多くなく、研究は他の分野へと移行した。
水以外にも分解することが分かっている。壁などに練り込んでおけば防汚効果・消臭効果などがある。カーテンなどにも応用されている。
超撥水効果がある。水の表面張力効果が最大限小さくなる。これによって表面の汚れをミスで洗い流すだけで落とすことが出来る。これも住宅・建築物の壁面に応用されてる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ