醸造アルコール

()
じょうぞうあるこーる

でんぷん質物や含糖質物から醸造されたアルコールのこと。日本酒の原料として使われることもある。
日本酒の醸造過程で添加される醸造アルコールを悪者扱いし、純米酒のみを「日本酒」とする過激な意見も一部にはあるが、もろみにアルコールを適量加えると香り高く、スッキリした味になることは古来知られており、一概に悪いことだと言い切るのもどうかと思う。
アルコールを添加すると、清酒の香味を劣化させる乳酸菌の増殖を防止する効果もある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ