重要科学技術史資料

重要科学技術史資料

(一般)
じゅうようかがくぎじゅつしりょう

科学技術の発達史上で重要な役割を果たしたり、生活・経済に大きな影響を与えた技術資料について、次世代に引き継ぐべきものとして国立科学博物館が登録・保護する文化財。平成20年(2008)登録開始。現存最古の変圧器、国産商用第1号の白黒テレビ、東海道新幹線開通時の車両などが登録されている。通称は「未来技術遺産」。

ネットの話題: 重要科学技術史資料

人気

新着