野上浩太郎

野上浩太郎

(社会)
のがみこうたろう

(1967年5月20日 - )
日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(2期)。父は元衆議院議員の野上徹。

富山県立富山高等学校、慶應義塾大学商学部(国際経済学専攻)卒業。
1992年 - 三井不動産株式会社入社。
1998年 - 新富自動車株式会社に入社。
1999年 - 富山県議会議員選挙に出馬し、初当選。
2001年 - 富山県議を辞職。第19回参議院議員通常選挙に自由民主党公認で富山県選挙区から出馬し、初当選。
2005年 - 第3次小泉改造内閣で財務大臣政務官に就任。
2007年 - 第21回参議院議員通常選挙に富山県選挙区から出馬するも、無所属の森田高に敗れ落選。
2010年 - 第22回参議院議員通常選挙に富山県選挙区から出馬し、民主党公認の相本芳彦を破り当選。国政復帰を果たす。

新着ブログ: 野上浩太郎