野口明

(スポーツ)
のぐちあきら

戦前・戦後のプロ野球選手。
右投右打、ポジションは投手・捕手・内野手。背番号は18→8→4→6→30。


1917年8月6日生まれ。愛知県出身。
中京商業で1931年〜1933年と3年連続で捕手として甲子園に出場*1
卒業後、明治大学に進学。
1936年、中退し東京セネタースに投手として入団。
1937年、春シーズンで17勝。同年の秋シーズンには15勝を挙げ、最多勝のタイトルを獲得*2
1938年、応召。


1942年、セネタース改め大洋軍に復帰。以後は一塁手としての出場が多くなった。
1943年、42打点を挙げ打点王を獲得。
1944年、阪急に移籍。
1949年、中日ドラゴンズに移籍し再び捕手に。
1954年、杉下茂とバッテリーを組み球団初の日本一に貢献。
1955年、中日の選手兼任監督に就任。
1956年、監督を退き引退。
その後はノンプロ・王子製紙春日井の監督を務めた。


1996年10月5日、逝去。


野口4兄弟の長男であり、次男は野口二郎、三男は野口昇、末弟は野口渉


リスト::野球選手

*1:1931年と1932年は春の選抜、1933年は春夏出場

*2:ヴィクトル・スタルヒン、西村幸生と分け合う

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ