野呂一生

野呂一生

(音楽)
のろいっせい

1957年1月1日生まれ。
フュージョンバンド「カシオペア」のギタリスト。
趣味は料理、手品等。


1976年のYAMAHAのコンテスト「EAST WEST'76」にCASIOPEAとして出場し、
ベストギタリスト賞を受賞。
また、1977年にも「EAST WEST'77」にCASIOPEAとして出場して、
再びベストギタリスト賞を受賞。バンドは優秀グループとして賞をもらう。
このコンテストの審査員を、現カシオペアのベーシスト鳴瀬喜博がつとめており、
コンテストなのにカシオペアに対してアンコールを求めた話はあまりにも有名。
ちなみに、1977年にはサザンオールスターズ、シャネルズも出場している。

1979年、アルバム「CASIOPEA」でデビュー。
1985年、ソロアルバム「SWEET SPHERE」をリリース
1988年、是方博邦、T-SQUAREの安藤まさひろとギタリスト3人による「OTTOTTRIO」を結成。
1996年、日本初のCD-EXTRA作品である「TOP SECRET」をリリース。
2001年、ソロアルバム「UNDER THE SKY」をリリース。
このアルバムは全曲フレットレスギターで録音しており、
全曲フレットレス録音のアルバムはおそらく世界初。
2003年には陣内大蔵、斎藤ノブ、難波弘之、江口信夫らと歌モノバンド「Vibes」を結成。


確実なテクニックと知識に裏付けされた、流れるようなギタープレイ、
またトリッキーなチョッパー奏法などは常にオーディエンスを魅了する。

関連

Vibes
カシオペア

新着ブログ: 野呂一生