野平祐二

(スポーツ)
のひらゆうじ

元JRA調教師。元騎手。美浦トレーニングセンター所属。故人。


海外競馬で主流だった「モンキー乗り」を戦後間もない日本でいち早く修得し、また調教師時代に七冠馬シンボリルドルフを管理するなどの華麗な経歴から「ミスター競馬」と称された。


1928年3月20日生まれ、1944年初騎乗。JRA通算1339勝(うち障害1勝)、重賞71勝。1959年オーストラリアに遠征し日本人騎手として初の海外レースを勝利。1967年スピードシンボリとのコンビで海外遠征した。1975年騎手を引退し同年8月に調教師免許を取得、調教師としての成績は3949戦402勝。2000年厩舎を定年廃業。2001年8月6日に逝去。2004年JRA殿堂入り。

リスト::騎手

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ