野村弘樹

(スポーツ)
のむらひろき

プロ野球選手・コーチ・解説者。本名「野村弘」。
左投左打、ポジションは投手。背番号は21番。

1969年6月30日生まれ。広島県出身。
PL学園高校で立浪和義片岡篤史橋本清宮本慎也等と共に甲子園春夏連覇。

1988年、ドラフト3位で横浜大洋ホエールズに入団。

同年10月2日、プロ初登板で初完封勝利を挙げる。以降、一軍に定着。

1993年、17勝を挙げ、最多勝に輝く。

1990年代ベイスターズのエースとして活躍。
また、投手としては打撃に秀でており、相手チームからは常に9人目の打者として警戒されていた。

1998年、38年ぶりのセ・リーグ優勝、日本一に貢献。
日本シリーズでは1勝1敗、防御率6.17と投手成績は悪かったが、打撃では3打数2安打2打点と活躍した。


2002年、通算100勝を達成。同年、現役引退。

2003年、湘南シーレックスの投手コーチに就任。


2005年、横浜ベイスターズの一軍投手コーチに就任。
投手陣の建て直しに成功も、退団。

ニッポン放送の野球解説者を務める。


2007年、横浜ベイスターズの一軍投手コーチに復帰。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ