野茂英雄

野茂英雄

(スポーツ)
のもひでお

プロ野球選手。
右投右打、ポジションは投手。背番号は11→16→11→10。
トルネード投法で投げ続け、現在の日本人メジャーリーガーのパイオニア的存在*1となった偉大なピッチャー。身長188cm、体重104kg。

電卓検定1級の資格を持つ。野球殿堂(日本=2014年に殿堂入り)*2

経歴

1968年8月31日生まれ。大阪府大阪市港区出身。
成城工高を卒業後(甲子園出場なし)1987年新日鐵化学に入社、社会人野球の新日鉄堺に所属。
1988年、ソウルオリンピックに日本代表として筒井大助、古田敦也、野村謙二郎、潮崎哲也、吉田修司らともに出場し、銀メダル獲得の原動力となった。
1989年、ドラフトで当時史上最多の8球団から指名を受け近鉄バファローズに入団。
1990年、最優秀防御率を獲得、新人王と沢村賞、MVP、ベストナインに選出され、90〜93年、最多勝と最多奪三振王。「ドクターK」の異名を取るようになる。
1994年8月、肩を故障して8勝7敗の成績でシーズン終了、複数年契約と代理人制度を希望したが通らず近鉄を退団し、任意引退選手となった。日本での成績は5年間で78勝46敗。
1995年、ロサンゼルス・ドジャースに入団、その年にはオールスターゲームに先発出場、13勝を挙げてナ・リーグ新人王、236奪三振で奪三振王。96年には対ロッキーズ戦でノーヒットノーランを達成。
98年、ニューヨーク・メッツへトレード。99年、メッツを解雇され、シカゴ・カブスとマイナー契約したが昇格できず解雇。今度はミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約をした後昇格、12勝をあげ復活を遂げる。
2000年、デトロイト・タイガースに移籍。01年にはボストン・レッドソックス(ア・リーグ)に移り、4月4日の対オリオールズ戦で96年に次ぐ2度目のノーヒットノーランを達成。ア・ナ両リーグでの快挙はメジャー史上4人目の大記録であった。またこの年、220奪三振で95年以来の2度目の奪三振王のタイトルを獲得した。
02年FAで古巣ドジャースに移籍。
同年3月には共同出資で独立リーグのエルマイラ・パイオニアーズのオーナーになり、2004年1月には社会人時代を過ごした大阪府堺市に社会人クラブチームNOMOベースボールクラブを設立した。
2004年オフにFA申請したが、チームからは年俸調停を申請されなかった。そのためドジャースを退団し、2005年1月にタンパベイ・デビルレイズとマイナー契約。シーズン開幕前にメジャーベンチ入りを決めた。
2005年6月15日(現地)に日米通算200勝を達成した。7月、デビルレイズから戦力外通告。
2005年7月、ニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約。
2006年、シカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約。
3Aシャーロットでメジャー復帰を目指すも、故障のため1試合登板したのみで6月に解雇。
2007年はどのチームにも所属せず、2008年、ロイヤルズとマイナー契約。
2008年7月17日(日本時間)、現役引退を表明。
2014年、トルネード投法で2度のノーヒットノーランを達成したことなどが評価され、野球殿堂入り。

*1:ちなみに第1号はサンフランシスコ・ジャイアンツでプレーした村上雅則。実は長嶋茂雄も現役時代にロサンゼルス・ドジャースからオファーを受けていた。読売ジャイアンツがMLB移籍を禁止した為に残留した。

*2:アメリカ野球殿堂にも2014年にノミネートされたが、得票率が5%に満たさず来季以降のノミネート権を失った

ネットの話題: 野茂英雄

人気

新着

新着ブログ: 野茂英雄