金ヶ崎城

(地理)
かながさきじょう

日本の南北朝時代から戦国時代にかけて現在の福井県敦賀市金ケ崎町にあった城。敦賀湾に突き出した海抜86メートルの小高い丘に築かれた山城だった。元亀元年(1570年)に越前に侵攻した織田信長によって落城した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ