金春流

(アート)
こんぱるりゅう

能楽用語

シテ方の流派の一つ
大和猿楽四座で最も歴史が古い。聖徳太子時代の秦河勝を祖とする。五七世宗家金春禅竹は中興の祖と言われている。芸風は謡も型も古い様式を随所に残す。
現在の宗家は八十世金春安明。
太鼓方の流派の一つ
惣右衛門流とも。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ