金栗四三

金栗四三

(スポーツ)
かなぐりしそう

陸上競技・マラソン選手。
1891年8月20日生、1984年11月13日没。熊本県出身。
日本マラソン界の父と呼ばれている。
日本人初のオリンピック選手として、1912年ストックホルムオリンピックにマラソン代表として出場。
1920年アントワープオリンピック、1924年パリオリンピックにも出場。

東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の開催に尽力した。
その功績を称え、箱根駅伝の最優秀選手には金栗四三杯が贈呈される。
なお、世界一遅いマラソンランナーでもあり、記録はストックホルムオリンピックでマラソン選手として出場したときの54年8ヶ月6日5時間32分20秒3である。これは、金栗の棄権の意思が伝わらなかったことにより、『行方不明』扱いになり、のちに記念式典でゴールしたということになっている。ちなみに世界一速いマラソンの記録はハイレ・ゲブレセラシェ(エチオピア)の2時間4分26秒。