金正淑

(社会)
きむじょんすく

(キム・ジョンスク、1917年12月24日 - 1949年9月22日)
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の人物。金日成の妻であり、金正日、金敬姫の母である。16歳でパルチザン部隊に入る。そこで金日成と知り合い、結婚。1942年2月16日にソ連で金正日を出産した他、5人の子供をもうけた。朝鮮帰国後に、北朝鮮に設けられた「朝鮮民主女性同盟」の初代委員長として活動した経歴がある。称号は朝鮮民主主義人民共和国英雄。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ