Hatena Blog Tags

鈴木タイムラー

(一般)
すずきたいむらー

2004年4月にテレビ朝日で放送開始。

MXテレビで放送され,カルト的人気をほこったテレバイダーに出演していた金剛地武志,津島亜由子両氏が出演するだけでなく
製作スタッフも,テレバイダースタッフが集合。
早朝4時台の番組にもかかわらず、2004年12月には3.5%という驚異的視聴率を記録。


なお、同様のテレバイダースタッフ+金剛地武志再結集の番組に「イグザンプラー」(ネット放送。2004.12〜)がある。
イグザンプラー、テレバイダーに関してはそれぞれの項目を参照されたし。


ちなみに、2005年9月25日をもってテレビ朝日での放送は終了。
同年10月21日からtvk、大分放送、チューリップテレビ、北海道放送にて、2006年1月22日よりとちぎテレビにて第4シリーズが開始。
また不定期ながらも、同系列,KBC九州朝日放送でも放送されている。
タイトルも「THE鈴木タイムラー」と若干変更。


放送時間

  • 第1〜第3シリーズ 日曜早朝4:15〜4:45
  • 第4シリーズ
    • 金曜夜11:30〜12:00(tvk)
    • 土曜深夜1:40〜2:10(大分放送)※初回放送は11/5
    • 土曜深夜2:25〜2:55(チューリップテレビ)※初回放送は11/5
    • 日曜深夜0:50〜1:20(北海道放送)※初回放送は11/6
    • 日曜夜6:05〜6:35(とちぎテレビ)※初回放送は06/1/22
    • 不定期(KBC九州朝日放送)

第4シリーズ(2005年10月〜)

東京発、横浜経由で『世界に輸出すべき日本の価値観の探求』をテーマとする「日本解読番組」。

出演者

  • アンカーウーマン 津島亜由子
  • リポーター 金剛地武志
  • リポーター(週代わりで担当) 大道寛子、甲斐まり恵、小林はるか、藤本恵里奈、高田昌美、杉山雅子

第3シリーズ(2005年4月〜9月)

頼りなくて不甲斐ない日本のミスターを変えるべく立ち上がった「ヒューマン・レボリューション」番組。

出演者

  • アンカーウーマン 津島亜由子
  • リポーター 金剛地武志
  • 鈴木営業マン 井津元悠汰
  • 謎の美人AD 月代わりで担当 4月 荒木恵、5月 悠乃、6月 里中あや、7月 戸田れい、8月 吉月由美、9月 杉本知晴
  • ミニコーナー
    • 「びしょぬれ海女判断」 吉田由莉 永島さや佳
    • 「ブートレッグス」 ※グラビアアイドルが週代わりで担当

第2シリーズ(2004年10月〜3月)

世の中にはびこる「しどけなさ」を「告発」する、情報ドキュメントフィクション。

出演者

  • アンカーウーマン 津島亜由子
  • リポーター 金剛地武志
  • ミニコーナー
    • 「コミビア」 唐沢俊一 小栗由加
    • 「¥ジェルス・女の値段」 島根定義(元ツインカム・一時期池脇千鶴の彼氏と報道された)
    • 「風水」 李家幽竹

第1シリーズ(2004年4月〜9月)

いろんな意味で中途半端な時間から始まる「鈴木タイムラー」
ここで,この番組の心の置き所についてお伝えします。
私たち「鈴木タイムラー」は社会の中にある時間という概念について,
時間が許す限り,常に真実を追い求めていきます。
そして,人それぞれに与えられた時間を追体験しながら,
現代人の時間問題に激しく迫ります。

時間,それは,無慈悲に人間を巻き込みながら経過するある種の
モノサシ。そんな時間というモノサシがなければ,なぜか現代人は
生きられなかったりするのです。
そうなんです,人間はモノサシに,
しばられたり,自由になったりの繰返し動物。
いずれにしても,鈴木タイムラー,時間の限り始まります。
この番組はこんなコンセプトで進行するドキュメントフィクションです。

以上,番組HPより全文引用。

出演者

  • アンカーウーマン 津島亜由子
  • 男リポーター 金剛地武志
  • 女性リポーター(月1レギュラー)
    • 藤島昌子
    • 柴田奈津子
    • 原英里奈
    • 出水麻衣(2006年よりTBSアナウンサーに内定)
  • 豆占い 浜田翔子
  • ミニドラマ
    • 富澤友加里
    • デンセンマン

なお第1、第2シリーズは現在Show Time、DMM.comにて視聴可能。11月にはセレクションDVDも発売された。
第3シリーズは現在ほぼ全ての回が「ブートレッグDVD」として、THE FREE MALL、mona records、ザ・ショップ テレビ朝日、紀伊国屋書店等で公式に販売されている。
また、第4シリーズは「リージョンフリーDVD」*1として、THE FREE MALLにて販売されている。

*1:本当にリージョンフリー

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ