鈴木武

(スポーツ)
すずきたけし

プロ野球選手。 通称「曲者」。
ポジションは遊撃手。背番号は11番。

1932年2月28日生まれ。兵庫県出身。
鳴尾高から東洋レーヨンを経て、1953年、近鉄パールスに入団。

1年目より遊撃手のレギュラーとして活躍、1954年には盗塁王を獲得した。

1959年に千葉茂が監督に就任すると、起用法などで対立。

1960年6月、大洋ホエールズに移籍。俊足を活かし初のセリーグ優勝、日本一に貢献した。

1963年、現役引退。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ