鈴木紀夫

(一般)
すずきのりお

1949年、市原生まれ。1969年、法政大学経済学部中退。同年よりアジア、中近東、アフリカなどで放浪の旅を続け、1972年一時帰国。1974年2月、フィリピン・ルバング島で小野田寛郎元少尉との接触に成功。救出への大きなきっかけをつくり一躍有名人となる。その後、冒険家として「雪男発見」に情熱を燃やしたが、1986年、雪男探しに出かけたヒマラヤ・ダウラギリIV峰で遭難死した。享年38歳。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ