鈴鹿8時間耐久ロードレース

鈴鹿8時間耐久ロードレース

(スポーツ)
すずかはちじかんたいきゅうろーど

2輪車のFIM世界耐久選手権シリーズの内の1戦として*1,鈴鹿サーキットで開催される日本で最も有名な2輪レースのひとつ.以前WGPのワークスライダーが出場していた事もあり世界的にも有名なレースである。
鈴鹿8耐」「8耐」「Suzuka 8Hours」とも呼ばれる.
耐久レースにもかかわらずその走行ペースがあまりにも速いことから,世界耐久選手権シリーズのなかにあってひときわ異彩を放つ存在となっている.
現在の世界耐久選手権シリーズに出場するマシンは,スーパーバイク(SB),スーパープロダクション(SP),ストックスポーツ(ST)が中心だが,この鈴鹿8耐では鈴鹿独自のレギュレーションによる XX-Formula,そして日本独自レギュレーションのJSB1000が加わることになる.なかでもJSB1000は,2003年から全日本ロードレースの最高峰クラスとして位置づけられており,今後の鈴鹿8耐での中心的なマシンとなることが予想される.
2011年、TBS系で放送されている「紳助社長のプロデュース大作戦!」番組内において、島田紳助が16年ぶりにチーム・シンスケを復活させ、メンバーにタレントを登用し、鈴鹿8耐に参戦することを表明した。

JSB1000クラス

全日本JSB1000では,ワークスチームならびにワークスマシンの参戦が禁止されているが,世界耐久選手権シリーズの一戦として行われる鈴鹿8耐では,スーパーバイクマシンを用いてのワークスチームの参戦は可能である.とは言え,従来であればワークスチームは全日本ロードレースを通じて鈴鹿8耐仕様のマシンをセットアップしてきていたが,今後はそれができないためにテスト不足は否めない.一方のJSB1000はスーパーバイク以上にマシンの改造には制約があるものの,そのポテンシャルはワークススーパーバイクに匹敵するものがあるだけに,鈴鹿8耐の創生期に見たプライベーターの優勝も可能性が高くなってきたと言える.

XX-Formulaクラス

XX-Formulaは2003年に大きくマシンレギュレーションが変更された.XX-FormulaはDivision1とDivision2に分けられ,Division1は従来のX-Formulaマシンの買い取り価格が350万円から500万円へと引き上げられた.また,Division2は従来のNK1マシンの発展版で買い取り規定から除外されている.これによりDivision1/2ともに、より以上にオリジナリティ溢れるマシンの登場が可能となった.
JSB1000,XX-Formulaともに世界耐久選手権シリーズのポイントからは除外されるが,賞典外扱いではない.すなわち,JSB1000,XX-Formulaでエントリーして優勝すれば,ライダーたちはそのまま表彰台の中央に直行できるのである.

競技規則変更

ピットワークの際,給油機のクイックチャージ機構は従来どおり使用可能だが、固定式の給油装置*2が禁止され,さらにタイヤ交換時に使われていたエア及び電気式のジャッキの使用も禁止となった.従来はワークスチームやトッププライベーターチームでは給油と前後のタイヤ交換を僅か7〜8秒足らずの早業で終えていたが,レギュレーション変更により 10秒前後の作業となることが予想される.ピットクルーにとっては,作業にあたり以前とは違ったリズムを見出すことが必要になった.

歴代優勝者

優勝ライダー チーム マシン 備考
1 1978年 ウェス・クーリー
マイク・ボールドウィン
ヨシムラ スズキGS1000  
2 1979年 トニー・ハットン
マイク・コール
ホンダ・オーストラリア ホンダCB900F  
3 1980年 ウェス・クーリー
グレーム・クロスビー
ヨシムラ スズキGS1000R 初の200周越え
4 1981年 マイク・ボールドウィン
デビッド・アルダナ
ホンダ・フランス ホンダRS1000  
5 1982年 飯島茂雄
萩原紳治
ブルーヘルメットMSC ホンダCB900F 台風の影響により6時間打ち切り
6 1983年 エルブ・モアノー
リカルド・ユービン
スズキ・フランス スズキGS1000R  
7 1984年 マイク・ボールドウィン
フレッド・マーケル
アメリカ・ホンダ ホンダRS750R  
8 1985年 ワイン・ガードナー
徳野正樹
HRC ホンダRVF750  
9 1986年 ワイン・ガードナー
ドミニク・サロン
HRC ホンダRVF750  
10 1987年 マーチン・ウィマー
ケビン・マギー
ヤマハ ヤマハYZF750  
11 1988年 ケビン・マギー
ウェイン・レイニー
ロバーツ・ヤマハ ヤマハYZF750  
12 1989年 ドミニク・サロン
アレックス・ビエラ
イクザワ・ホンダ ホンダRVF750 チェッカー前に観客が乱入し赤旗終了
13 1990年 平忠彦
エディ・ローソン
ヤマハ ヤマハYZF750  
14 1991年 ワイン・ガードナー
ミック・ドゥーハン
HRC ホンダRVF750  
15 1992年 ワイン・ガードナー
ダリル・ビーティー
HRC ホンダRVF750  
16 1993年 スコット・ラッセル
アーロン・スライト
カワサキ カワサキZXR-7  
17 1994年 ダグ・ポーレン
アーロン・スライト
HRC ホンダRVF/RC45 赤旗中断の影響により2ヒート制レース
18 1995年 アーロン・スライト
岡田忠之
HRC ホンダRVF/RC45  
19 1996年 コーリン・エドワーズ
芳賀紀行
ヤマハ ヤマハYZF750  
20 1997年 伊藤真一
宇川徹
ホンダwithHART ホンダRVF/RC45  
21 1998年 伊藤真一
宇川徹
HRC ホンダRVF/RC45  
22 1999年 岡田忠之
アレックス・バロス
HRC ホンダRVF/RC45  
23 2000年 宇川徹
加藤大治郎
HRC ホンダVTR1000SPW 山川守事故死
24 2001年 バレンティーノ・ロッシ
コーリン・エドワーズ
HRC ホンダVTR1000SPW  
25 2002年 加藤大治郎
コーリン・エドワーズ
HRC ホンダVTR1000SPW  
26 2003年 生見友希雄
鎌田学
桜井ホンダ ホンダVTR1000SPW  
27 2004年 宇川徹
井筒仁康
HRC ホンダCBR1000RRW  
28 2005年 清成龍一
宇川徹
HRC ホンダCBR1000RRW  
29 2006年 辻村猛
伊藤真一
TSR ホンダCBR1000RR  
30 2007年 加賀山就臣
秋吉耕佑
ヨシムラ スズキGSX-R1000  
31 2008年 清成龍一
カルロス・チェカ
HRC ホンダCBR1000RRW  
32 2009年 酒井大作
徳留和樹
青木宣篤
ヨシムラ スズキGSX-R1000  
33 2010年 清成龍一
中上貴晶
高橋巧
HARC-PRO ホンダCBR1000RRK  
34 2011年 秋吉耕佑
伊藤真一
清成龍一
TSR ホンダCBR1000RRW 夜間走行なし
35 2012年 秋吉耕佑
ジョナサン・レイ
岡田忠之
TSR ホンダCBR1000RRW  
36 2013年 高橋巧
レオン・ハスラム
マイケル・ファン・デル・マーク
HARC-PRO ホンダCBR1000RRW  
37 2014年 高橋巧
レオン・ハスラム
マイケル・ファン・デル・マーク
HARC-PRO ホンダCBR1000RRW 豪雨の影響により7時間打ち切り
38 2015年 中須賀克行
ポル・エスパルガロ
ブラッドリー・スミス
ヤマハ ヤマハYZF-R1  
39 2016年 中須賀克行
ポル・エスパルガロ
アレックス・ロウズ
ヤマハ ヤマハYZF-R1  
40 2017年 中須賀克行
アレックス・ロウズ
マイケル・ファン・デル・マーク
ヤマハ ヤマハYZF-R1  
41 2018年 中須賀克行
アレックス・ロウズ
マイケル・ファン・デル・マーク
ヤマハ ヤマハYZF-R1  

*1:2016-17年シーズンは最終戦

*2:いわゆるピットにやぐらを組んでの給油方式

新着ブログ: 鈴鹿8時間耐久ロードレース