鉛フリーハンダ

(サイエンス)
なまりふりーはんだ

鉛が含まれないハンダ

鉛公害への対応を迫られ作られた鉛が含まれないハンダ
鉛の入ったハンダに比べ溶融温度が20℃から50℃程度高く、濡れ性能が落ちる為、ハンダ付けが難しくなっている。また結晶構造にならないので表面がざらついたハンダになる。

しかし、鉛が含まれない事で違金属反応による歪みが少なくなるというメリットもある。

主流は Sn-Ag-Cu の低温度タイプ。他にSn-Cu-Ni がある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ