鍋島直茂

(社会)
なべしまなおしげ

室町-江戸時代の武将。佐賀藩(肥前藩とも鍋島藩とも)藩祖。
龍造寺家に仕え、今山の戦い等多くの面で功績を挙げる。龍造寺が九州三強となるまで興隆したことへ彼の尽力は大きい。
沖田畷の戦いで龍造寺隆信が戦死した後、暗愚といわれる龍造寺政信のもと実権を掌握する。
豊臣秀吉に龍造寺領の統治を認められ、徳川家康に佐賀藩主を任命される。
明治時代まで続く佐賀藩の礎を築いた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ