鎌倉府

鎌倉府

(社会)
かまくらふ

日本の南北朝時代から室町時代にかけて、室町幕府が関東を統治するために設置した機関。後醍醐天皇が建武の新政の一環として関東統治を目的に成良親王を奉じて鎌倉へ下向させて創設した鎌倉将軍府が起源である。その後、幕府の出先機関となり、足利尊氏は子である足利基氏を鎌倉へ派遣し、以来基氏の子孫が鎌倉府の長官(鎌倉公方)となった。また、関東管領として上杉氏が代々補佐した。

新着ブログ: 鎌倉府