長嶋茂雄

(スポーツ)
ながしましげお

プロ野球、読売巨人軍終身名誉監督
アテネオリンピック野球日本代表監督。
通称「燃える男」、「ミスター」、「ミスタージャイアンツ」。
右投右打、ポジションは三塁手。背番号は3→90→33→3。
1936年2月20日生まれ。千葉県佐倉市出身、血液型B型。

略歴

佐倉一高から立教大学に進み、東京六大学リーグでは通算本塁打8本で当時の六大学記録を更新し連覇にも貢献。
その実績を引っ提げて1958年に読売ジャイアンツに入団。この年本塁打王・打点王の二冠に輝き、新人王を獲得した。
その後王貞治との通称「ONコンビ」で巨人の黄金期に貢献、1974年に現役引退した。
現役生活17年で首位打者6回、本塁打王2回、打点王5回、シーズン最多安打10回、シーズンMVP5回、日本シリーズMVP4回、ベストナイン17回等の記録を残す*1
背番号3は永久欠番。
引退直後の1975年、監督就任。この年に球団初の最下位に沈むが、1976年、1977年にはリーグ優勝。

1980年に監督を解任される。

1993年、監督に復帰。2001年まで務めた。
2002年からは読売巨人軍終身名誉監督、日本代表編成委員会強化本部長となる。

2003年にはアテネオリンピック野球日本代表の監督に就任。アジア予選を全勝で突破。
しかし、その後は脳梗塞に倒れ、中畑清が代行、オリンピック本番で采配を振るうことは出来なかった。

戦後日本プロ野球に革命をもたらした男・選手としての凄まじさは、通算本塁打や打率などの数字だけではかりえない。
「記録の王、記憶の長嶋」と言われるのもその所以である。

2013年、松井秀喜と国民栄誉賞を同時受賞。

*1:入団以降17年連続でオールスターに選出されるが、1969年に出場を辞退。古田敦也の入団以来16年連続出場が記録となる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ