開脚前屈

開脚前屈

(スポーツ)
かいきゃくぜんくつ

ストレッチの一つ。正確には「左右開脚」「フロンタルスプリット」。
股関節、大臀筋・大腰筋・腸腰筋・ハムストリングスをストレッチする。
正しいフォームで無理なのい強度で行わないと坐骨神経痛の原因になるため、出来れば最初はインストラクターなどに指導を受けた方が良い。

  • フォームのチェックポイント
    • つま先はポイント(90度に曲げる)をキープし、床面に対してなるべく直角にする
    • 膝を伸ばして上体を直立させた姿勢から、股関節を膝が曲がらない位置まで開く。膝が曲がると効果が半減
    • 腰から上の上体は真っ直ぐをキープしたまま前に「押す」。手を前に出すと曲がりやすいので、最初は腕を左右水平に開いた上体から前に倒すと良い
    • 頭や胸を下げるのではなく、「ヘソを床に突き出す」イメージ。それより上はおまけ。
    • 補助を付ける場合、相手の背中を前に押すのではなく、肩や腕を上に引き上げるなど上体が前に丸まらない様な補助をする

ネットの話題: 開脚前屈

人気

新着

新着ブログ: 開脚前屈