関野貞

関野貞

(一般)
せきのただし

1867-1935
建築史家。帝国大学工科大学造家学科卒業後、奈良県技師となり奈良県下の古建築修理を監督。終生日本建築の保存事業に尽力、日本建築様式史を確立した。設計作も現存しており、奈良公園内の旧奈良県物産陳列所(明治35年)は貴重な実作。論文に「法隆寺非再建論」「平城京及大内裏考」など。後に中国建築の研究調査も行った。

新着ブログ: 関野貞