阪急ブレーブス

阪急ブレーブス

(スポーツ)
はんきゅうぶれーぶす

阪急ブレーブスは、かつて兵庫県西宮市に本拠地を置いていたプロ野球チーム。パ・リーグに所属。
ホームグラウンドは西宮球場。
オリックス・ブレーブスの前身。
チームカラーはえんじ色。

球団歌は「阪急ブレーブス団歌」、応援歌は「阪急ブレーブス応援歌」。

1970年代に黄金時代を築いた。

リーグ優勝10回*1(1967,1968,1969,1971,1972,1975,1976,1977,1978,1984)。
半期優勝7回(1973,1974,1975,1976,1977,1978.1979)。

日本一3回(1975,1976,1977)。

沿革

  • 1947年、球団のニックネーム導入に際して、阪急軍から阪急ベアーズに改称。しかし(Bear)に、証券取引で売り筋弱気筋の意味があることが発覚する。
  • 同年5月、阪急ベアーズより阪急ブレーブスに改称。
  • 1963年、西本幸雄が監督に就任。
  • 1967年、初のリーグ優勝を果たす。1973年まで第1次黄金時代を形成。
  • 1974年、上田利治が監督に就任。
  • 1975年から1977年まで、3年連続日本一を果たす。第2次黄金時代を形成。
  • 1978年、日本シリーズの判定を巡り上田利治が監督を辞任し、梶本隆夫が監督に昇格。
  • 1981年、上田利治が監督に復帰。
  • 1984年、通算10度目のリーグ優勝を記録。
  • 1988年10月19日、オリエント・リース株式会社(現・オリックス株式会社)への譲渡を決定。「オリックス・ブレーブス」となる。

歴代監督

永久欠番

  • 1984年、福本豊の背番号7番が永久欠番となる予定であったが、現役中のために固辞した。

関連キーワード

  • 阪急電鉄
  • 西宮球場

*1:1976年と1978年は完全優勝、プレーオフ無し。

*2:1937年、村上実が監督代行を務める。

*3:1939年、村上実が監督代行を務める。

*4:1978年、4試合のみ中田昌宏が代理監督を務める。

新着ブログ: 阪急ブレーブス