阪神ファン

(スポーツ)
はんしんふぁん

プロ野球、阪神タイガースのファンの総称。
12球団のファンの中でも熱狂的な事で知られ、目立つ存在となっている。

阪神ファンの有名人*1

はてなダイアラーにおける阪神ファンは「はてなプロ野球’07」を参照。

  • 玉山鉄二(京都府)
  • 遠藤章造(大阪府)
  • 月亭八方(大阪府)
  • 松村邦洋(山口県)
  • 千秋(千葉県)
  • 増田英彦(大阪府)
  • 水野真紀(東京都)
  • 常盤貴子(神奈川県)
  • 伊東美咲(福島県)
  • 小倉優子(千葉県)中村勝広元監督の姪。
  • 石川梨華(神奈川県)
  • 松浦亜弥(兵庫県)
  • MEGUMI(岡山県)
  • ダンカン(埼玉県)
  • 山城新伍(京都府)
  • 段田安則(京都府)
  • 西田敏行(福島県)
  • 堤真一(兵庫県)
  • 北村総一朗(高知県)
  • 細川茂樹(岐阜県)
  • 椎名桔平(三重県)
  • 堂本剛(奈良県)
  • KAT-TUN亀梨和也(東京都)
  • 秋山純(東京都)
  • 乙武洋匡(東京都)
  • 鈴木紗理奈(大阪府)
  • 岩下志麻(東京都)
  • 千堂あきほ(兵庫県)
  • 藤木直人(千葉県)
  • 林明日香(大阪府)家族揃ってファン。
  • オール巨人(大阪府)
  • 上島竜兵(兵庫県)
  • 福留功男(高知県)
  • 泉ピン子(東京都)
  • 上戸彩(東京都)
  • 上村愛子(兵庫県)
  • 岡田武史(大阪府)
  • 奥大介(兵庫県)
  • 水樹奈々(愛媛県)矢野輝弘のファン。
  • もんたよしのり(兵庫県)
  • 北川弘美(京都府)
  • 岡山一成(大阪府)
  • サンプラザ中野(山梨県)
  • 宮地真緒(兵庫県)
  • 山本淳一(東京都)
  • 桜庭和志(秋田県)下柳剛投手と親交が深い。
  • 大黒将志(大阪府)
  • 織田信成(大阪府)
  • 八木亜希子(静岡県)
  • 柄谷行人(兵庫県)

事件関連

2007年度阪神ファンが関与した騒擾事件

  • 4月中旬・下旬のジャイアンツ戦、ドラゴンズ戦で相手監督の写真を額縁に入れ、黒の紐で囲い、白菊を添えるなど「遺影」として掲げ、ファンの範疇を超えた行動で問題となる。
  • 4月25日、ニューヨーク・ヤンキース傘下所属の井川慶が、自身のHPで阪神ファンの過度な行為を非難。MLB志向要因の一つとなっていたことを明らかにする。
  • 5月4日、甲子園球場でのカープ戦で、ベースカバーに入ったジャレッド・フェルナンデスの負傷交代に対し、阪神ファンが「蛍の光」を演奏・合唱する。投手交代時に慣例となっているが、無差別に演奏・合唱する行為は度が過ぎており、OBにも非難された。
  • 同日の実況で、カープ大勝の経過に「スタンドのほんの一角に紅しょうがみたいに陣取っているカープファンしか盛り上がるシーンがありません」と発言、OB解説者の八木裕に注意を受ける。
  • 5月9日、甲子園球場のジャイアンツ戦で阪神ファンが、リリーフとして登板した上原浩治に対し爆竹を鳴らすなど妨害。上原自身に公式サイトで苦言を呈される。
  • 5月26日、GS神戸のバファローズ交流戦で、阪神ファンがタフィ・ローズに対して差別発言の野次を連発。その後ローズに「帰れよ」と反論される。
  • 5月27日、甲子園球場でのマリーンズ交流戦で、死球乱闘騒ぎに対して阪神ファンが、騒ぎはタイガースが発端になったにもかかわらず死球を与えた藤田宗一、乱闘で出てきたボビー・バレンタイン監督に対して「帰れ」コールで応酬。
  • 同日の試合後、球場外でマリーンズファンとの間で喧嘩が発生。阪神ファン6人が現行犯逮捕される騒ぎとなる。
  • 5月28日、甲子園球場でのマリーンズ交流戦で試合終了後、連日の大敗に、球場外で阪神ファン同士が喧嘩。警察官ら10人が駆けつけ、一時は20人近くがもみ合い、怒号が飛び交った。
  • 7月7日、ナゴヤドームでのドラゴンズ戦で、打球を受けた川上憲伸が負傷。担架が出てきた際に、阪神ファンが割れんばかりの拍手喝采で迎える。*2また、同日の試合中に阪神ファンが、メガホンをグラウンドに投げ入れ、付近にいたボールボーイに「返せ」と因縁をつける。
  • 9月11日、西宮市の阪神ファンの会社員が、スポーツメーカーの社員を装い、藤本敦士選手の自宅を訪ねてグラブ1個を詐取し逮捕される。「阪神の熱烈なファンだ」と供述し、グラブは陳列ケースに入れて自宅に飾っていた。
  • 10月13日、クライマックスシリーズ第1S第1戦のドラゴンズ戦で、試合終了後に応援団同士の会合で、1イニング内のワンポイント継投での相手投手交代にもかかわらず、そのたびに「蛍の光」を乱発した応援の方法について異議を述べると、突如喧嘩が始まり、応援団の1人が流血、救急車が呼ばれる事態となる。
  • 同日、阪神ファン同士の喧嘩が延べ7件発生。警察署幹部に「やはりこういった事件は、阪神戦が多いんですよね」とコメントされる。
  • 11月2日、尼崎市の阪神ファンの中学生が、同年8月に携帯電話の私設ファンサイトに「チケットあります」とうその書き込みをし代金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで書類送検される。「ペナントレースが盛り上がっていたので、引っかかるファンがいると思った」と供述。

2006年度阪神ファンが関与した騒擾事件

  • 4月21日、東京ドームでのジャイアンツ戦で、病気で突如転倒し病院に運ばれた渡真利克則球審に対し、故意ではないかなどと中傷、罵声を浴びせる。
  • 同日の試合後、サヨナラ負けに憤慨した阪神ファン同士が、球場内で乱闘騒ぎを起こし、警察沙汰になる。
  • 4月26日、横浜スタジアムのベイスターズ戦で、6回裏、本塁打を打った村田修一のホームランボールを受け取ったにもかかわらず、グラウンドに投げ返す。*3
  • 5月9日、甲子園球場でのマリーンズとの交流戦で、ベニー・アグバヤニと塀内久雄が、外野フライ捕球の際に交錯。左すねの負傷でベニーが担架で運ばれる際、スタンドから歓声と拍手喝采を浴びせる。
  • 5月10日、横浜スタジアムでのベイスターズ対イーグルスの交流戦で、試合と関係のないタイガースの格好で左翼席に陣取り、顰蹙を買う。
  • 5月16日、倉敷マスカットスタジアムでのファイターズ交流戦で、消防法に定められている鳴り物の演奏時間である、22時を過ぎているにもかかわらず、鳴り物を使用、大量の音量で応援歌などを鳴らし、違法行為で付近に迷惑をかける。
  • 6月5日、相手投手交代や怪我した選手がベンチに下がる際、慣例として演奏される「蛍の光」に対し、悪意があるのもので応援の範疇を超えている、とOBの江夏豊により指摘される。
  • 7月5日、甲子園球場でのベイスターズ戦で、降雨コールドで試合終了後、右翼席から阪神ファンが乱入し、警備員に取り押さえられる。「遊び半分なのか」と注意を喚起される。
  • 7月30日、甲子園球場でのスワローズ戦で、酒に酔った阪神ファンの姫路市の市立中学校教師が、1塁側スタンドの通路で、売り子のアルバイトをしていた女性2名の胸をすれ違いざまに次々と触り、県迷惑防止条例違反で現行犯逮捕。
  • 8月2日、東京ドームでのジャイアンツ戦で、酒に酔った阪神ファンが悪態に及び、行為を注意をした警備員に対して暴行、怪我を負わせ逮捕される。
  • 8月10日、横浜スタジアムでのベイスターズ戦で、審判員に対し暴力行為に及んだ矢野輝弘の退場処分に憤慨した阪神ファンが、三塁側内野席よりグラウンド内に乱入。
  • 8月12日、ナゴヤドームでのドラゴンズ戦で、試合中、球場内コンコース喫煙所にて阪神ファンが、周囲の迷惑を顧みずトランペットを鳴らし、顰蹙を買う。
  • 8月27日、甲子園球場でのジャイアンツ戦で、試合後、余りある阪神ファンの行為に対し、ヒーローインタビューにて藤川球児に涙まじりで「これだけ頑張っているチームに対しての周りの反応が、あまりにもつらすぎる。何のために投げているのか、ファンの方にも分かってほしい」と訴えられる。
  • 8月31日、甲子園球場でのドラゴンズ戦で、複数の阪神ファンが、投球体制に入った川上憲伸に対し見計らったように撮影、大量のフラッシュを浴びせる。
  • 9月15日、ナゴヤドームでのドラゴンズ戦で、大量点差に憤慨した阪神ファンが、応援グッズでもあるヘルメットを外野スタンド5階席から投げ落とし、騒ぎになる。
  • 9月16日、ナゴヤドームでのドラゴンズ戦で、山本昌のノーヒットノーランに対して憤慨した阪神ファンが、9回頭から「六甲颪」を歌い妨害。また、試合終了と同時にグラウンドに大量のメガホンを投げ入れる。
  • 同日の試合後、昨年9月7日に破壊された外野コンコース付近の壁を、阪神ファンがまたしても破壊。火事が起きた際、煙が客席に流入するのを防ぐ「防煙垂壁」に掴まる様に応援。上部外壁が落下し、鉄筋がむき出しになり1本が外れるなどの破壊行為を行う。関係者に「壁がへこむことはあっても、バラバラにされたのは初めて」と警告される。
  • 9月20日、横浜スタジアムのベイスターズ対ドラゴンズ戦で、試合中、右翼側外野席にタイガースのグッズで身を固めた阪神ファン2人が、無節操にも堂々とベイスターズを応援する。
  • 10月8日、横浜スタジアムのベイスターズ対ドラゴンズ戦で、右翼側外野席最前列その他にTシャツ・ユニフォーム等で身を固めた阪神ファンが、無節操にも堂々とベイスターズを応援。試合終盤にドラゴンズの逆転に憤慨し黄色いメガホンをグラウンドに投げ入れ、試合を中断させる。J SPORTSの野球中継で苦言を呈される。*4
  • 同日の試合後、球場外の公園内で阪神ファンが、中日ファンと揉め、喧嘩騒ぎとなる。

2005年度阪神ファンが関与した騒擾事件

  • 3月2日、阪神タイガースの私設応援団、中虎連合会元同会長で元暴力団組員と、レコード会社の社員を著作者法違反容疑で逮捕。選手別応援歌著作権問題で、従来の応援歌が使用不可となる。
  • 6月2日、甲子園球場でのホークスとの交流戦で、三瀬幸司による金本知憲への死球をめぐり、危険投球による退場処分で降板の三瀬に向かって、ごみを投げつける。
  • 同日の試合後、三塁側駐車場の出入り口に約100人近くのファンが集まり、ホークスナインの乗った2台のバスを取り囲み、1台目のバスに向かってメガホンが投げ込まれ窓ガラスを直撃。「三瀬!三瀬!」と多くのファンから怒号が飛び「出てこんかい」との罵声も出て、進行を妨害。
  • 6月3日、甲子園球場でのマリーンズとの交流戦の試合終了後、試合帰りの甲子園駅ホームで阪神ファン同士が喧嘩、被害者は顔面をけられて、下あごなど5ヶ所を骨折。暴行後、逃げるように立ち去った容疑者はその後傷害容疑で逮捕。
  • 6月8日、活動を自粛していた私設応援団中虎連合会の傘下組織であった、「守虎連合会」に所属するファンが、個人的に観戦したとして守虎連合会の代表に自宅で暴行され、代表が逮捕。解散に至る。
  • 7月3日、横浜スタジアムでのベイスターズ戦で、試合後、横浜スタジアム外の公園で、酒に酔った阪神ファン4名が、試合帰りの横浜ファンに「六甲おろしを聞け」と因縁をつけ、断って立ち去ろうとする横浜ファンを一方的に暴行し逮捕。
  • 同日の試合中に、年末の特番で注目を浴びたいがために、横浜スタジアムの外野席からメガホンを投げ入れ、警備員に注意を受けた阪神ファンが、注意した警備員の顔面を殴り、現行犯逮捕される。
  • 8月3日、横浜スタジアムでのベイスターズ戦で、捕球体制に入っていた万永貴司にカンフーバットを投げつける。遅れて落下したため直撃は避けられた。
  • 8月9日、ナゴヤドームでのドラゴンズ戦で、先発井川慶が9失点という内容に憤慨した阪神ファン同士がいがみあい、試合終了後にはメガホンが投げ込まれた。
  • 8月27日、甲子園球場のジャイアンツ戦で、打球を直撃し工藤公康がうずくまっているのを見て拍手・歓声をあげ、中継していたNHKのアナウンサーと解説の与田剛に警鐘を鳴らされる。
  • 9月1日、甲子園球場でのドラゴンズ戦で、阪神ファンが試合前に、打撃練習のHRボールを、当日先発投手である山本昌に向かって投げつける。幸いボールは反れて怪我は無かったが、山本昌はかなり焦っていた。
  • 9月7日、ナゴヤドームのドラゴンズ戦で、判定に怒った阪神ファン数人が、ナゴヤドームの内野フェンスに登り金網を切り、中断。また、外野コンコースの壁を破壊するなど傍若無人な振る舞いを行う。
  • 9月10日、甲子園球場でのカープ戦で、シェーン・スペンサー倉義和に体当たりし、倉が担架で運ばれる際に球場が割れんばかりの拍手・喝采をあげ、「シェーン」コールで歓迎。倉には「ざまあみろ」と言わんばかりのヤジの嵐で追い討ちをかける。
  • 9月17日、甲子園球場のスワローズ戦で、試合後、完敗に怒った阪神ファンが甲子園の一塁ベンチ前に氷の入ったコップを投げ入れる。この行為に関して、赤星憲広に「どうしても苦言を言わせてほしい。選手もファンもマスコミもみんな一緒に優勝に向かっていってるのに、くだらんことするなと言いたい。本当に情けない。気分が悪いというより、寂しくなりました」と苦言を呈される。
  • 9月29日、リーグ優勝直後の騒動。大阪の戎橋から約200メートル西の新戎橋・大黒橋から5人が道頓堀川へダイブ。戎橋の近くで男子大学生ら3人が下半身を露出、公然猥褻で現行犯逮捕。また、通行人の財布を抜き取った男子高校生ら2人が窃盗の現行犯で逮捕。
  • 同日未明にかけて、警察の制止にも関わらず、総計66人が道頓堀ダイブを行う。また、公務執行妨害やタクシーを破壊するなどの器物損壊で合計13人の逮捕者を出した。
  • 10月22日、千葉マリンスタジアムの日本シリーズ第1戦で、試合終了直前、酒に酔った阪神ファンが、球場の外野スタンド裏で、両球団のファンを仕切る高さ約1メートルの鉄製フェンスと、 売店前に置いてあったプラスチック製のいす一脚を足で蹴って壊し、器物損壊の現行犯で逮捕。「負けたので腹が立った」と供述。
  • 10月23日、千葉マリンスタジアムの日本シリーズ第2戦で、球場2階通路で他の観客と喧嘩になり、事情聴取をしようとした警察官2名に頭突きや体当たりで暴行したとして、阪神ファン2名が、公務執行妨害の現行犯で逮捕。
  • 同日の試合後、2桁失点での完封負けに阪神ファンが、グラウンド内に多数のメガホンを投げ入れる。また、内野2階席から氷の入った紙コップを1階席に投げ落とし、騒ぎとなる。
  • 10月25日、甲子園球場の日本シリーズ第3戦で、3試合連続2桁失点での敗戦に、試合中、大量のメガホンが投げ込まれる。また、不特定多数のファンが7回表終了後に飛ばす予定のジェット風船を、7回表のマリーンズ攻撃中に飛ばす。
  • 同日の試合中、三塁側アルプススタンドで酒に酔ってた阪神ファン2名が、ジェット風船の中にチューハイを入れて飛ばし、その行為を注意した警備員の腹を殴り、逮捕。ラジオの実況でリアルタイムで全国に報道される。また、別の阪神ファンが、通路で警備員を殴り、現行犯逮捕。
  • 同日の試合中、7回表、満塁HRを放った福浦和也に向かって、阪神ファンが、三塁ベースを回った辺りで紙コップを投げる。幸い反れたために被害には至らなかった。
  • 同日の試合中、スタンドにいた阪神ファンが、リリーフカーで登場の薮田安彦に向かってつばを吐きかける。
  • 同日の試合後、ヒーローインタビュー中に帰宅催促の場内放送、球場の清掃・整備に入る甲子園球場に対し、アナウンサーと解説をしていた伊原春樹に「こんな失礼な球場は見たことがありません」と苦言を呈される。
  • 11月10日、アジアシリーズ初戦で、阪神ファンがライトスタンド先頭に集団で陣取り、虎の被り物やユニフォームをまとい、メガホンなどを準備、横断幕を掲げるなどの行為でマリーンズファンから顰蹙を買う。
  • 11月11日、アジアシリーズ第2日目、前日の行動をマリーンズ応援団HP内で牽制を受けたにもかかわらず、左中間スタンドに居座り前日と同様の行為で顰蹙を買う。*5

関連キーワード

*1:2003年、18年ぶりのリーグ優勝ともあり、世間やマスコミは阪神優勝一色で、今までは特に公表しなかった芸能人までもが、「実は阪神ファンなんです。」と言い出した。この傾向は他球団でも良くあることであり、従来のファンからは顰蹙を買っている。

*2:なお、担架が出てきたにもかかわらず、川上は自力でベンチに引き下がった。

*3:試合はタイガースの勝利にも拘わらず、了見の狭い行為である。このような行為はあまり問題視されないが、野球ファンであれば、試合中のグラウンドに物を投げ入れる行為がいかに野球への侮辱行為であるか、またホームランボールの価値がどれほどの物かわかるであろう。

*4:応援する球団の試合が無い時間に他球団の試合を観戦しようが、利害関係のある球団を応援しようが構わないが、何故その試合と関係無い球団の格好で応援するのか。過去に何度も同じケースがある。逆の立場で考えてみてもわかる問題ではないだろうか。

*5:日本代表のチームとしてマリーンズを応援するのは構わないが、マリーンズファンの集まる外野席で、なぜシリーズと関係の無い球団の応援グッズを掲げるのか、野球ファンに疑問を呈される。逆の立場で考えてみてわかる事ではないだろうか。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ