限界原理

(一般)
げんかいりろん

ミクロ経済学の原理の1つ。トレードオフの関係のものを単位あたりで等しくすると最も効率が良くなるという原理である。新古典派経済学の核となる原理である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ