陰日向に咲く

(映画)
かげひなたにさく

2008年1月26日公開予定の日本映画。
『陰日向に咲く』の映像化をめぐっては、数十社が争奪戦を展開するほどであった。


監督:平川雄一朗
原作:劇団ひとり
脚本:金子ありさ
音楽:澤野弘之
制作:『陰日向に咲く』制作委員会
配給:東宝

キャスト

シンヤ:岡田准一
鳴子・寿子:宮崎あおい
雷太:伊藤淳史
ジュピター:緒川たまき
ゆうすけ:塚本高史
みゃーこ:平山あや
モーゼ:西田敏行
リョウタロウ:三浦友和

陰日向に咲く

(読書)
かげひなたにさく

幻冬舎刊。
芸人、劇団ひとりのデビュー小説。
「道草」「拝啓、僕のアイドル様」「ピンボケな私」ほか5篇からなり、
日陰者としてつつましやかに生きる市井の人々のひたむきさを愛と笑いとともに描き、想定外のヒットを記録。
陰日向に咲く

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ