陸奥宗光

陸奥宗光

(一般)
むつむねみつ

(1844-1897) 政治家。紀州藩家老伊達千広の六男。脱藩して海援隊に加わり、維新後、地租改正事業を立案。伊藤博文内閣の外相として条約改正を実現。下関条約では全権となった。著「蹇蹇録(けんけんろく)」


外務大臣就任時の1892年(明治25年)、
イギリスとの間で日英通商航海条約を結び、
治外法権を撤回させたことで著名である。

その辣腕ぶりから、「カミソリ大臣」と呼ばれた。


紀伊藩出身だが、海援隊に所属した経歴から
土佐派に近い立場を取っていたようだ。
そのため、土佐立志社の政府転覆計画に関与したとして
一時期投獄されている。

新着ブログ: 陸奥宗光