障害者職業センター

(一般)
しょうがいしゃしょくぎょうせんた

独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構の1部門で、各都道府県に設置されている*1

初回の利用時には電話予約をし、当日に利用にともなうガイダンス及びヒアリングを受けることになる。それ以降は、支援サービスを受けたりできる。

公共職業安定所(ハローワーク)及び社会福祉法人等と協力して、いわゆる「チーム支援」を行なう。職業センターの支援内容は以下のとおりである。

  • 障害者のための就職相談
  • 障害者のための機能訓練
  • 職業評価(職業適性検査*2も含む)
  • 就職前の支援(事業所の面接時の同行)
  • ジョブコーチによる就職後の職場適応支援

ジョブコーチ

障害者職業センターには、ジョブコーチが常駐していて、障害者の状態に応じて事業所に一定期間ジョブコーチを派遣することができる。

ジョブコーチの基本的な役割としては、就職後の職場適応支援を主眼として、事業所における職業指導や、事業所と障害者の関係調整などがある。一人で業務が遂行できるようになるまで、3ヶ月を目安として派遣する。

*1:北海道は札幌と旭川の2ヶ所というように複数設置されている場所もある

*2:内田・クレペリン検査、手先器用検査等

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ