難民の地位に関する条約

(社会)
なんみんのちいにかんするじょうやく

(United Nations Convention Relating to the Status of Refugees)
1951年(昭和26年)7月28日の難民及び無国籍者の地位に関する国際連合全権委員会議で難民の人権保障と難民問題解決のための国際協力を効果的にするため採択した国際条約。効力の発生は1954年(昭和29年)4月22日。 この条約を補充するため難民の地位に関する議定書が作成され、1966年につくられ、1967年10月4日に発効した。2006年10月現在、加盟国数は条約・議定書ともに143カ国。

日本の加入は1981年(昭和56年)6月5日の国会承認を経て、10月3日に加入書寄託、10月15日に公布され、1982年(昭和57年)1月1日に発効した。「難民条約」などと略される。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ