Hatena Blog Tags

雲のジュウザ

(マンガ)
くものじゅうざ

マンガ「北斗の拳」に登場するキャラクター.南斗五車星「雲」の拳士.

死に場所に選んだラオウ戦での,彼の天晴れな死様は,今でもコアな北斗の拳ファンに語り継がれる.

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

南斗五車星 雲のジュウザ きちんと習った拳ではなく 天賦の才能による我流拳法の使い手です ラオウよりも強いのかと思わせるような描かれ方もされていましたが やはりラオウに勝つ事はかないませんでした 五車星の内、 風のヒューイは「風の旅団」 炎のシュレンは「朱の軍団」 山のフドウは「若草色の軍団」 海のリハクは「海の兵団」 をそれぞれ率いているのですが、ジュウザについては手持ちの兵は無いようです 「北斗の拳」完結後 だいぶ経ってから実はジュウザに息子が居た事が描かれました 名をショウザといいます このエ

南斗五車星 雲のジュウザ きちんと習った拳ではなく天賦の才能による我流拳法の使い手ですラオウよりも強いのかと思わせるような描かれ方もされていましたがやはりラオウに勝つ事はかないませんでした五車星の内、 風のヒューイは「風の旅団」炎のシュレンは「朱の軍団」山のフドウは「若草色の軍団」海のリハクは「海の兵団」 をそれぞれ率いているのですが、ジュウザについては手持ちの兵は無いようです「北斗の拳」完結後だいぶ経ってから実はジュウザに息子が居た事が描かれました名をショウザといいますこのエピソードではなぜ黒王号が片目になったのかという事も描かれましたので未回収だった伏線の一つがだいぶ年数が経ってから回収さ…

関連ブログ

泰山天狼拳のリュウガ 北斗・南斗の憲法とは別の「泰山」の名を冠する拳法の使い手リュウガです 泰山天狼拳の特徴はえぐる事 えぐられた相手は凍気ゆえに寒さを感じて絶命します リュウガはケンシロウの恋人ユリアの兄です 後から登場する雲のジュウザもユリアの母違いの兄とされていますが リュウガはユリアと同じ両親の兄妹と思われます リュウガとジュウザも異母兄弟のはずですが そのあたりは物語中では何もふれられていません その後いろいろな作者さんにより「北斗の拳」の物語は描かれますが その中でリュウガとジュウザの対峙を

泰山天狼拳のリュウガ 北斗・南斗の憲法とは別の「泰山」の名を冠する拳法の使い手リュウガです泰山天狼拳の特徴はえぐる事えぐられた相手は凍気ゆえに寒さを感じて絶命しますリュウガはケンシロウの恋人ユリアの兄です後から登場する雲のジュウザもユリアの母違いの兄とされていますがリュウガはユリアと同じ両親の兄妹と思われますリュウガとジュウザも異母兄弟のはずですがそのあたりは物語中では何もふれられていませんその後いろいろな作者さんにより「北斗の拳」の物語は描かれますがその中でリュウガとジュウザの対峙を描いたものはありました リュウガは190cmとかなりの高身長トキよりも2cm大きいです登場はわずかでした 北斗…

北斗神拳のラオウ 物語中では拳王というとんでもないラスボスが居るらしいという事が語られてほぼ直ぐぐらいに 「拳王はラオウ」 とネタばらしがされていました でも、そんなのどうでもいいほど、ラオウというキャラは強力でインパクトがありました ジャンプ漫画史上でも最強の魅力ある強敵でしょう 「北斗の拳」という物語のラスボスのはずなのですが、「北斗の拳」の漫画の中盤で物語から退場となります ホントはラオウがケンシロウに敗れた時点で「北斗の拳」完結で良かったはずなのですが、大人気の「北斗の拳」を連載終了させる事など

北斗神拳のラオウ 物語中では拳王というとんでもないラスボスが居るらしいという事が語られてほぼ直ぐぐらいに「拳王はラオウ」とネタばらしがされていましたでも、そんなのどうでもいいほど、ラオウというキャラは強力でインパクトがありましたジャンプ漫画史上でも最強の魅力ある強敵でしょう「北斗の拳」という物語のラスボスのはずなのですが、「北斗の拳」の漫画の中盤で物語から退場となりますホントはラオウがケンシロウに敗れた時点で「北斗の拳」完結で良かったはずなのですが、大人気の「北斗の拳」を連載終了させる事など、当時のジャンプでは許されませんでした しかし、作者サイドも読者サイドも、かなりきつかったですね「鬼滅の…