雲南百薬

()
うんなんひゃくやく

「つるむらさき」と同じく、ヌメリのある野菜で、別名「オカワカメ」。確かに茹でて20分ほど晒し(シュウ酸を除くため)、和えると、ワカメのようなヌメリがあるのでこういわれる。匂いに癖のある「つるむらさき」とは違い、匂いは気にならないが、味がちょっと苦い。・・・この2種類の「ツルムラサキ科」の植物については、好みが分かれそうだが、ビタミン、ミネラルが豊富で、元気がでる野菜といえる。とくに雲南百薬には、マンガン、亜鉛、銅、葉酸などが豊富に含まれているらしい。「雲南」といっても、原産地は中国ではなく、中南米原産。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ