零崎軋識の人間ノック

(読書)
ぜろざききししきのにんげんのっく

西尾維新の小説。イラスト:竹。
人間シリーズ(零崎一賊シリーズ)の第2作。
2006年11月7日、講談社ノベルスより刊行。
ISBN:4061825097

「零崎一賊」――それは“殺し名”の第3位に列せられる殺人鬼の一族。2つの通り名を持ち,釘バット“愚神礼賛”ことシームレスバイアスの使い手,零崎軋識(きししき)。次から次へと現れる“殺し名”の精鋭たち。そしてその死闘の行く末にあるものは一体!?

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ