電撃大賞

電撃大賞

(アニメ)
でんげきたいしょう

アスキー・メディアワークスのライトノベルレーベル「電撃文庫」の新人向け公募企画である「電撃大賞」(旧名:電撃ゲーム小説大賞)と連動したラジオ番組。
文化放送/ラジオ大阪/東海ラジオ/デジタルラジオ「超A&G」で放送中。

  • 1994年「電撃大賞クリス・クロス」としてスタート。当初は、番組内で放送するラジオドラマ名を番組名に付していた。
  • パーソナリティは数ヶ月、または何年かごとに交代に。一部の例外をのぞき、もっぱら下ネタトークが売りになっている。男性声優と女性タレントの組み合わせが多い。
  • 文化放送では「アニメスクランブル」に次ぐアニラジ長寿番組。

歴代パーソナリティ

  • 1994年10月〜1994年12月 -「電撃大賞クリス・クロス」として番組スタート
    • 三石琴乃
  • 1995年1月〜1995年3月 - 一時的に番組を休止(放送なし)
  • 1995年4月〜1996年3月 -「電撃大作戦」に番組名変更。
    • 田中真弓・笠原留美(+コーナーアシスタント中川亜紀子
  • 1996年4月〜1998年3月 - 「電撃大賞」に戻す。
    • 石川英郎・永島由子
  • 1998年4月〜12月
    • 岩永哲哉・長沢美樹
  • 1999年1月〜2003年9月
    • 松野太紀・栗林みえ(1999年1月〜12月)
    • 松野太紀・吉野紗香(2000年1月〜2003年3月)
    • 松野太紀・入絵加奈子(2003年4月〜9月)
  • 2003年10月〜2004年9月 - 「松風雅也、浅野真澄の電撃大賞」
    • 松風雅也・浅野真澄
  • 2004年10月〜2008年3月
    • 森田成一・柏木貴代(2004年10月〜2007年9月)
    • 森田成一・秋山莉奈(2007年10月〜)
  • 2008年4月〜2008年12月
    • 安元洋貴・秋山莉奈(2007年10月〜)
  • 2009年1月〜
    • 鈴木達央・秋山莉奈(2007年10月〜)

電撃大賞

(読書)
でんげきたいしょう

かつては電撃ゲーム3大賞として、「電撃ゲーム小説大賞」「電撃イラスト大賞」「電撃コミック大賞*1」の総称となっていたが、第12回以降に電撃コミック大賞部門は「電撃コミックグランプリ」 として新たな形で独立した別の賞となり、ライトノベルとそのイラストを公募する新人賞して、第12回以降は「電撃大賞」として総称も統一されることになった。
最大手の人気レーベルということもあり、応募総数は5000作品を超え、ライトノベルの公募の中では競争率は最も高いものとなっている。
毎年10月頃に受賞者を発表し、11月頃に授賞式。そして2月に受賞作の作品が刊行される流れになっている。
また受賞作以外にも賞を手にすることはかなわなかったものの、編集者などの目に留まり「拾い上げ」た形で刊行されるケースもある。1,000万部クラスの部数を誇る時雨沢恵一や鎌池和馬などがそれにあたり、受賞作以外からも多くの人気作品を生み出している。

電撃小説大賞

  • 大賞
    • 正賞と副賞 100万円
  • 金賞
    • 正賞と副賞 50万円
  • 銀賞
    • 正賞と副賞 30万円
  • メディアワークス文庫賞
    • 正賞と副賞 50万円
  • 電撃文庫MAGAZINE賞
    • 正賞と副賞 20万円
  • 選考委員奨励賞
    • 正賞と副賞 5万円

電撃イラスト大賞

  • 大賞
    • 正賞と副賞 100万円
  • 金賞
    • 正賞と副賞 50万円
  • 銀賞
    • 正賞と副賞 30万円
  • 選考委員奨励賞
    • 正賞と副賞 5万円

*1:第1回と第2回は「電撃デザイン大賞」となっていた

ネットの話題: 電撃大賞

人気

新着

新着ブログ: 電撃大賞