電気ブレーキ

(一般)
でんきぶれーき

鉄道車両に使われるブレーキ装置の一つ。


運転士がブレーキをかけると駆動しているモーターの電気の流れを一旦逆にし、
その抵抗力で速度を落とし、停車直前に断流器によって電気の流れが断たれ、
空気ブレーキに切り替わり停車することが出来る。その抵抗力で使われる電気は
抵抗器を通して熱として排出されるが、回生ブレーキを持つ車両は架線に電流をもどす。


応答性に優れているうえ、最新の電車ではブレーキ開始から停止寸前(1Km以下)
まで電気ブレーキのみ使用して停車させることも可能。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ