青葉神社

(一般)
あおばじんじゃ

宮城県仙台市青葉区青葉町に在する、仙台藩藩祖伊達政宗公を祭神とする、仙台市の一ノ宮。
明治維新後は、旧仙台藩重臣・白石城主片倉氏の当主が宮司を世襲している。
ちなみに、片倉家は男系が僅か2代で断絶したため、江戸時代は2代目小十郎重長の長女の喜佐の息子の松前氏系(蝦夷松前藩主の庶子の子孫)の人物が世襲していたが、明治維新後に松前氏系の最後の当主に女子しか生まれなかった為、3代目小十郎景長の娘・阿松の子息で仙台藩第5代藩主の伊達吉村の娘の子孫を婿養子に迎え、女系で初代・片倉小十郎景綱の血を引き継いでいる。

1片倉景綱─2重長─女┬3景長┬4村長─5村休
               │    └7村定
               └松前為広─広高─8村廉─9村典─10景貞─11宗景─12邦憲─13景範─14景光=((婿養子))15健吉─16信光─17重信


※3景長─女─伊達吉村─女─伊達村候─山口直清─山口直勝─伊達宗孝─15片倉健吉
       │
       └─伊達村興─6村信
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ