革命の父

(一般)
かくめいのちち

革命家のうち、特に大きな影響を及ぼした人。成功した革命の指導者*1を指すことが多いがそれに限定されない。
独立革命を経験した植民地諸国においては「独立の父」とほぼ等価か*2。国民的英雄であるとされることが多い。

主な人物

  • キューバ革命
    • ホセ・マルティ
    • フィデル・カストロ
    • チェ・ゲバラ*3
  • 中国
    • 中華人民共和国
      • 毛沢東
    • 中華民国
      • 孫文
  • ロシア革命
  • その他
  • ホーチミン(ベトナム)
  • カイソン(ラオス)
  • アンドレス・ボニファシオ(フィリピン)
  • ホメイニ(イラン革命)

*1:失敗したら革命じゃなくて反乱じゃないかとかいう指摘は実際には正確を欠く

*2:といっても、ジョージ・ワシントンを(アメリカ独立)革命の父と呼んでるケースはあまりないと思われるが

*3:キューバ以外でも革命してますが

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ