Hatena Blog Tags

音楽

(音楽)
おんがく

ミュージック」の訳語*1。音による時間芸術。
音楽理論では、リズム律動)、メロディー旋律)、ハーモニー和声)の三つの要素をもつとされる。

  • リズムは、定率時間あたりの音の分布を決める。
  • ハーモニー(コード)は、キー(調)とリズムによって決まる。
  • メロディは、それらの下地から、キーによって決まる。

また、キーは、大きく分けて2種類の倍音(音の仲間)によって構成される。
時間が音楽を構成する要素の一つなので、音楽は時間をかけて聴き続けないと全部を理解することができない。

*1:元は、音を出す「楽(宗教儀式)」

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

当時のイングランド中産階級の人々は有望な投資先を探している状態で、イギリスの市場には大量の資金がだぶついていた。南海株式会社は本業の貿易活動は全く振るわなかったが、金融事業は国債引き受け会社として成長し、わずか数ヶ月の間に南海会社の株価が10倍にも高騰した。このニュースは貴族・ブルジョワジー・庶民など、幅広い階層の人々の間に広まった。また、それまで株式に興味のない人々や株式について十分な知識もない人々も株式に興味をもつようになった。彼らは株価の高騰で投機熱に浮かれ、イギリスの株式市場は空前絶後の投機ブーム

南海泡沫事件 ウィキペディア フリーな encyclopedia 株式 株式会社 (日本) 日経平均株価 南海泡沫事件(なんかいほうまつじけん、英語: South Sea Bubble)は、1720年にグレートブリテン王国(イギリス)で起こった、投機ブームによる株価の急騰と暴落、およびそれに続く混乱を指すが、主に損害を蒙ったのはフランスであった。ロバート・ウォルポールがこの混乱を収拾、政治家として名をあげる契機となった。バブル経済の語源になった事件である。 『南海泡沫事件』イングランド人画家エドワード・マシュー・ウォードによる作品 概要 南海会社の苦悩 南海会社(英語: The South S…