食前キャベツ

()
しょくぜんきゃべつ

食前キャベツダイエット。
2006年秋頃より話題の減量法。
一日1/2個、一食当たり1/6個のざく切りにした生キャベツを、食事の前に10分程度かけてよく噛んで食べるというもの。
医師が考案、内臓脂肪が減るという触れ込み。日本テレビ「おもいッきりテレビ」でも紹介され話題に。
通常のダイエット法と違って、若い女性以外が対象のメディアでも取り上げられたりしている。


食前キャベツダイエット完全BOOK (GEIBUN MOOKS―『はつらつ元気』特選ムック (NO.544))

食前キャベツダイエット完全BOOK (GEIBUN MOOKS―『はつらつ元気』特選ムック (NO.544))

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ