飾窓の女

飾窓の女

(映画)
かざりまどのおんな

The Woman in the Window

1944年のアメリカ映画。
 監督はフリッツ・ラング
 脚本はナナリー・ジョンソン
 出演はエドワード・G・ロビンソンジョーン・ベネットダン・ドゥリエイ

 真面目な中年の大学教授(エドワード・G・ロビンソン)が若い美女(ジョーン・ベネット)に誘惑され、犯罪に巻き込まれる悪夢を描くフィルム・ノワール
 同じ監督・キャストによりラングの会心作『スカーレット・ストリート』(1945)が作られた。

飾窓の女 [DVD]

飾窓の女 [DVD]

 

新着ブログ: 飾窓の女