餓鬼

(一般)
がき
  1. 仏教において生前の悪業の報いでによって餓鬼道に生まれ変わった亡者のこと。いつも飢えと渇きに苦しむ*1
  2. 子供を卑しんでいうこと。仏教の世界における餓鬼のように食べ物をガツガツ食べる様子になぞらえている。

*1:ここに落ちた者としては目連の母が有名(『盂蘭盆経』)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ