高坂弾正

(社会)
こうさかだんじょう

戦国時代の武将。甲斐武田家家臣。
初め春日源助と名乗るが、後に高坂弾正忠昌信と改める。
数々の合戦で活躍し、海津城主となる。
信玄亡き後、勝頼に仕えるが退けられ、失意の内に病死。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ