Hatena Blog Tags

高城高

(読書)
こうじょうこう

作家、新聞記者。本名、乳井洋一。1935年、北海道函館市に生まれ。5歳で仙台へ移転。
東北大学在学中に書いた、仙台を舞台にした処女作「X橋付近」は江戸川乱歩に絶賛され、大藪春彦に先駆けること3年、日本における
ハードボイルド小説の原点とされる。
卒業後、1958年に北海道新聞社に入社してからは、北海道を舞台にした多くの作品を発表したが、1970年を最後に北海道新聞社員としての業務に専念。
作品の舞台にもなった釧路・網走・函館他の支局勤務を経て、文化部長・出版局長を歴任。アイヌ文化についての研究も行う。
退社後はテレビ北海道常務を勤め、現在も札幌在住。


2006年、仙台で雑誌「仙台学」他を手がける出版社「荒蝦夷」から、”高城高ハードボイルド傑作選”と銘打った『X橋付近』が刊行された。

2008年、創元推理文庫より「高城高全集」(全3巻)が刊行される。

高城高全集〈1〉墓標なき墓場 (創元推理文庫)

高城高全集〈1〉墓標なき墓場 (創元推理文庫)

高城高全集〈2〉凍った太陽 (創元推理文庫)

高城高全集〈2〉凍った太陽 (創元推理文庫)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ